誰もが恐れている関東地震|予測できれば安心

作業員
  1. ホーム
  2. しっかりと準備するには

しっかりと準備するには

景色

情報を役立てる

地震による被害の大きさは、震源と規模が大きく影響します。そのため、震源や規模を正確に予想し、発生に備えておくことは、被害を小さくするために重要となります。東海・東南海・南海地震や首都直下型地震などは、いつ発生してもおかしくない状況とされています。他にも、国内の主要な活断層における、地震の発生確率や規模といった予想も公開されており、誰でも確認することが可能です。また、国や自治体による対策も計画・実施されています。したがって、住んでいる地域の地震の予想や、避難場所の確認などをしておくと役立ちます。津波などが予想されている地域では、迅速な避難が必要ですので、複数の避難場所を確認するなど、どこで被災しても対処できるようにしておきましょう。

情報の取得

地震の予想には、震源・規模・発生時期のデータが必要です。しかし、気象庁などの公的機関では、日時を特定した形式の予想は発表していません。今後30年以内の地震の発生確率であれば、地震本部が「長期評価」として発表していますので、確認することができます。民間では、大学教授などの研究者が独自の理論を用いて地震を予想し、データを公開している場合もあります。それらの中には、地震の予想データを、有料で配信するなどのサービスを行なっている場合もあります。雑誌などにもそういった予想データが掲載されることもあります。これらの情報を参考資料として活用することで、個人の被害をより小さくすることに役立つのではないでしょうか。