誰もが恐れている関東地震|予測できれば安心

作業員
  1. ホーム
  2. 災害の備え

災害の備え

災害被害

保険の特徴

災害を予測して入っておくと安心なのが地震保険です。地震保険はたいていの場合、火災保険とセットで加入します。建物と家財は別々にすることができます。金額は火災保険と比べて30パーセントから50パーセントの範囲です。限度額は建物が5000万円、家財は1000万円です。限度額がある理由は、法律で定められているからです。『地震保険に関する法律』で生活の安定を寄与することを目的とすると決められています。保険金は損害の大きさによって決まります。全損や大半損、一部半損の基準で判定され、それぞれ見合った金額が支給されます。いつ起こるかわからない地震を予測して、保険に入るのと入らないのとでは精神面に大きな違いがあります。

入っておくと安心

日本という国は、地震と共生している国だと言うことができるかもしれません。古くから地震と密接な関係にあるこの国では、起こった時のことを予測して様々な対策がなされてきました。一番の対策は、地震がいつ起こってもいいように予測して日々生活すること。また備えをすること。具体的には耐震補強や家具の固定、非常食の備蓄、避難場所の確認などが挙げられます。しかしながら災害後の生活の再建に一番必要なのは、何といっても費用です。特に損壊した建物を補修するには、かなりの費用が必要になります。そんな時に入っておくと安心なのが地震保険です。この保険は、地震や噴火、津波による損害を補償する保険です。災害が起こるかもしれないと予測して、この保険に入っておくと安心です。