誰もが恐れている関東地震|予測できれば安心

街

災害の備え

災害被害

地震保険は、地震や噴火、津波による損害を補償する保険です。建物と家財の別々に加入できます。また損壊の度合いによって支給額が変わります。地震が起こった時のことを予測して様々な備えをするとともに保険に入っておくと安心です。

しっかりと準備するには

景色

地震の被害を小さくするには、震源や規模を正確に予想し、事前に準備をしておくことが重要です。予想は誰でも見ることができますので、一度確認しておきましょう。ただし、地震の発生時期を予想することは難しいため、何時発生しても対処できるように準備しておくことが大切です。

繰り返す関東地方の地震

メンズ

首都直下地震

フィリピン海プレートが北米プレートの下に沈み込む相模トラフで発生する巨大地震を関東地震と呼んでいます。歴史上、関東地震とされているのは元禄地震と大正関東地震です。関東地震はマグニチュード(M)8クラスの巨大地震ですが、関東地震と次の関東地震の間にM7クラスの大地震が発生します。明治東京地震などがその例です。現在、国の中央防災会議が将来の発生を予測している首都直下地震もこのケースに該当します。首都直下地震は震源断層が複数想定されており、どれが動くかは予測できていません。これは、活断層の活動周期が非常に長く、海溝型の地震と比べて予測が難しいからです。したがって、国では特に被害の大きくなるケースを中心に被害の予測を進めています。

どんな被害が発生するか

首都直下地震が発生すると、首都機能は完全に麻痺する恐れがあります。首都直下地震そのものの規模は兵庫県南部地震や熊本地震と同程度と想定されています。このような大きな地震から身を守るためには、予測サイトを利用して随時地震情報をチェックしましょう。メール配信などのサービスを利用すれば、テレビやラジオの情報よりも早めに把握することができます。また、地震が起きた時のために防災グッズを揃えておく必要があります。飲料水や携帯食、携帯電話用の充電器などを常備している人が多くいますが、肝心な時にちゃんと用意できていなかったというケースも少なくないでしょう。最近では防災グッズの有無をチェックするリストを作れるサービスがあるので、それを利用することが大切です。

謎が多い発生メカニズム

作業員

近年では、地震予知の方法としてGPSなどの最新機器を用いた方法が取られています。また、予知を行なううえでは調査が大切になってきます。中には利用することが難しい情報も存在しますが、国内では範囲を限定することで対応しています。